Click to Visit

子どもたちにも大人気!「グッド・ドクター」山崎賢人の魅力とは?

エンタメ ニュース


山崎賢人(※「崎」は正しくは「立さき」)が小児外科で働くレジデンス(後期臨床研修医)を演じるドラマ「グッド・ドクター」((毎週木曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09、フジテレビ系)。本作では、現場で患者役の子どもたちと楽しそうに撮影に臨む山崎の姿がある。 ■ 「山崎さんは優しくて面白い人!」 山崎が演じるのは、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーションに難しさを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊。 幼い頃から小児科医になることが夢だった湊は、レジデントとして小児外科の世界に飛び込み、周囲の偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、子どもたちとともに成長していく。 そんな本作だけに、主演を務める山崎の周囲には常に子どもたちの姿がある。医療シーンやシリアスなシーンでは緊張の表情を見せる子どもたちも、カメラが回っていないときは元気いっぱい! 本作で共演する子役の川島夕空は、山崎の印象について「山崎さんとの初めてのシーン撮影の時、山崎さんの顔をつっついたりしたのですが、本番前に私たちがふざけて肩もみをしたら“そこです”って反応してくれて、とても面白かったです!優しくて面白い人だなと思いました」とコメント。子どもたちも“座長”山崎に大きな信頼を寄せている様子だ。 ■ 子どもたちは「めちゃめちゃかわいいです」 そんな子どもたちの姿に、山崎自身も癒されながら撮影に臨んでいるという。15歳までの子どもたち160人を招待して行われた完成披露試写では、山崎が共演の上野樹里・藤木直人とともに登壇。「子どもたちはめちゃめちゃかわいいです。それに、しっかりしててすごいなと思います。手術のシーンもじっとしていて。僕も頑張ろうって思いますね。現場も明るくなります」と笑顔を見せた。 この試写イベントでは、共演者からも、子どもたちと仲良く過ごす山崎の目撃談が。 小児外科主任・高山役の藤木は「賢人くんが子役の子たちにすごくなつかれていて、休憩のたびにずっと相手をしてあげているんですよ。タイヤがついた椅子をずっと押してあげていたり。嫌な顔ひとつせず押してあげている賢人くんを見て、『すごいな』って思っています」と明かした。これに山崎は、「あれ、僕も押してもらってたんですよ。子どもたち、体力がすごくて。遊んでもらっていました」とニッコリ。 イベントでは、10代の子どもたちからだけでなく小学校低学年の子どもたちからも大人気!集まった子どもたちの中から「大人になって良かったと思うことは?」と質問が上がると、山崎は“ビールが飲めること”を挙げつつも「子どもの頃の方が(大人になってからよりも)まわりに見たことのない景色が多いから、感動が多くて1日を長く感じる、と聞いたことがあります。その感覚を忘れないように、なんでも感動できるように、ということは考えています」とコメントした。 “すべての子どもが大人になれますように”と願い、「本当にまっすぐで、子どものような気持ちをもっていて、ピュア」(山崎)という湊だが、そんなキャラクターを演じる山崎自身もまた、子どもの心を忘れないピュアさを内に秘めている。 ■ 藤野P「新しい表情をいかに出すか」 山崎にとって、フジテレビのドラマへの出演は2年前の「好きな人がいること」(2016年、フジテレビ系)以来。同作では傲慢で完璧主義者、毒舌家のカリスマ・シェフという役どころをじつにナチュラルな説得力をもって演じた山崎だが、今作「グッド・ドクター」で演じるのは、180度違うキャラクター。 「好きな人がいること」でもタッグを組んだ「グッド・ドクター」藤野良太プロデューサーは「企画を立てる上で念頭に置いていたのが“山崎賢人さんの新しい表情をいかに出すか”ということ。自閉症スペクトラム障がいでサヴァン症候群の青年が、偏見や困難を乗り越えて、小児外科医として成長してゆく姿を描く本作品は、今の青年から大人への架け橋を渡っている山崎賢人さんだからこそ最適な役柄であり、そして彼にとって挑戦しがいのある役になると思います」と語る。 クールな“オレ様キャラ”も、子どもの心を持つピュアな青年も、演じる本人に重ねずにはいられない説得力。それこそが俳優・山崎賢人の魅力だろう。子どもたちを救いたい――その一心で突き進む湊と、演じる山崎の温かなまなざしに癒やされる作品となりそうだ。

Click to Visit


Click to Visit